ワークスタイル

サラリーマンに飽きた時に知っておきたい4つこと【発想の転換】

サラリーマン生活を10年以上していると仕事に飽きを感じたことはたくさんあります。

この10年間以上は同じ会社に所属し、部署の異動も一度経験しました。

環境が変わると覚えることも多く刺激が多かったりしますが、慣れてくると飽きてしまいやすいのではないでしょうか。

しかし、仕事の内容については、本人の意識ではなかなか決めれないことがほとんどではないでしょうか。

そして今回の記事はこんな方に向けて書いています。

  • 同じことの繰り返しでうんざり
  • 週5日も拘束されなくない
  • 仕事に飽きたからやる気が出したい
  • このまま人生を終えたくない

雇われの身であると割り切る

いくら仕事を頑張っても、結果を出しても今の待遇が大きく変わることはあまりないのではないでしょうか。

結局のところ、身を粉にして働いても、残るのは、ストレスや疲労感だけのように感じています。

もちろん仕事で身につくこともありますが、結局は雇われの身で、自分の時間を会社に提供しているに過ぎません。

何をお伝えしたいかというと、仕事に飽きたからといって、無理してやる気をだす必要もないと考えています。

もちろん与えられた仕事をそれなりにこなす必要はありますが、良くも悪くもそれくらいの感覚がちょうどいいように感じますw

多くの会社でやる気がでるような動機づけはすごく少ないです。

なので、サラリーマンに飽きても仕方ないと割り切ることも必要です。

会社を上手く利用する

会社のために働くことも大切ですが、自分自身を大事にすることが最も重要だと感じています。

休養や、成長のために会社を活用をしていけば、会社員であることのありがたさも感じます。

結果として、仕事に飽きることも減るように感じます。

具体的に、大切にしたいことは、

  • 仕事を通じて成長をする(他の会社や起業しても活用できることがベスト)
  • 有給休暇をどんどんとる(使える権限はしっかり使う)
  • 定時退社で帰るよう心がける(仕事以外にやれることはたくさんある)
  • お金のためと割り切る
  • いつでも会社を辞められるスキルや経済力を身につけておく

今までの社会は、終身雇用が守られてきましたが、現在は定年まで同じ会社を続けれる保障はありまん。

また仕事に飽きたとしても、会社員としてやるべきことはたくさんあるように感じます。

勉強するでも、副業するでもいいと思います。

また、特に若い方に参考になりそうな動画を添付しておきます。

ブログで有名なマナブさんのYouTube動画になります。

下記の動画以外にも参考になる動画が多く分かりやすい内容でおすすめです。

お金について勉強してみる

仕事が飽きていても仕事を続けているのは、お金のためではないでしょうか。

会社に雇われた労働者は働いても働いてもお金持ちになることは難しいとされています。

お金のために働いているのであれば、『金持ち父さんと貧乏さん』の本を読んでみてはいかがでしょうか。

紹介はこちらです。

 

 

働く上で必要なことや、お金の使い方などお金持ちの考え方が分かります。

仕事が飽きた今の状況でも、今後どうしていくべきか考えさせられます。

いい刺激になりマンネリした気持ちも何か変化がおきるかもしれません。

 

私は会社員として、一定の給料が毎月入ってくるため、ごく普通の生活はできています。

仕事に飽きたと感じることが多いですが、仕事を続けているのは、お金のためだと割り切っています。

私には家族がいるため、簡単に会社をやめる選択は取れません。

しかし、お金のためではなく、自分の好きなことが仕事にできるように力をつけていきたいと考えています。

今は、仕事が飽きているとしても、未来を変えるべく、勉強や副業の時間をつくっていくことが必要だと感じています。

 

また、会社での拘束される時間を減らしてみてはどうでしょうか。

残業代の低減を恐れていては何も変わならない!

と私も自分自身に言い聞かせて英語の勉強やブログ活動にチャレンジしています!

個人の影響力をつける

芸能人や有名人でもなく、ごく普通のサラリーマンが注目を集めることは

難しいことだと考えがちではないでしょうか。

しかし、現在ではSNSにて無料でどんどん発信ができる時代です。

自分では、ごく普通のことだと思っていても、

他の人からみたら知らないことだったり、ためになることもあります。

 

そんな今までの経験や自分自身の考えを発信しないのはすごくもったいない時代になっています。

そしてSNSで影響力をつけることで、信頼を集めお金を集めることもできる時代になっています。

私自身も今まで経験したことをブログやSNSを通じて発信するなどして、『影響力』と『信頼』を得たいと考えています。

また会社に雇われて、会社からの収入だけでは危機感を覚えています。

会社ばかりに頼らず自らの力でお金を稼げるようにしたいと考えています。

 

そして、SNSで『影響力』や『信用』を集める方法について書いた本がこちらです。

堀江貴文さんの『ハッタリの流儀』です。

一度読んでみると自分でもできそうだと感じることもあります。

これからの時代を生きるためにすごくためになるに内容ですので読んでみて損はないかと思います。

堀江貴文「ハッタリの流儀」感想レビューSNSで注目を集めたい方へSNSにてホリエモンの新刊を知り、これは読むしかないと思い「ハッタリの流儀」を購入してみました。 「ハッタリの流儀」を読むに至った経緯 ...

まとめ

これからの時代は、サラリーマンがいいとか、フリーランス、起業家がいいとかと単純に決められない時代になるように感じます。

またサラリーマンであっても、複業で稼ぐことができる時代です。

今サラリーマンであるならば、今使える特権を利用して自分自身の成長を心がけるべきだと考えています。

もし仮にサラリーマンをやめたいのであれば今のうちから準備して、転機に備える必要を感じます。

最後に知っておきたい4つのことを復唱します。

  • 雇われの身であると割り切る
  • 会社を上手く利用する
  • お金について勉強してみる
  • 個人の影響力をつける

少し考え方を変えるだけで、日々のサラリーマン生活を今以上に充実できるように感じます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。