ライフスタイル

高速道路と下道どちらを選ぶ?迷いがちな50km以内の判断基準とは

運転が50km以内の場合、

『下道の運転はそこまで苦ではないかな』

『下道を使って高速代を節約しようかな』

 

とお考えの方に、高速道路と下道の選ぶ判断基準について説明していきます。

 

ざっくり要点を先にお伝えすると、

『高速代がかかっても、高速道路を使って、労力と時間を買う』

ことがおすすめの場合が多いと考えております。

 

私自身もついつい目先の高速代を節約したいと思い、下道を判断しがちですが、意識的に高速道路を使うように考えています。

 

当然、その時の目的、場所、状況、経済状況によってどちらを選ぶ基準が変わってきます。

具体的に高速道路と下道とどちらを選ぶべきか判断がつきやすいように一つ一つ説明していきます。

50kmの走行をした場合の比較

時間と費用での比較した場合の判断基準について説明していきます。

あくまでイメージですが、50km程度の走行をした際の高速道路と下道の比較となってます。

道路 高速代 走行時間 燃費 ガソリン代
高速 1,000円 1時間 13km/L 577円 1,577円
下道 0円 2時間 10km/L 750円 750円

※上記は比較のイメージとなり、状況により高速代,時間,燃費などは変わってきます。(ガソリン150円/L計算)

 

結果として、下道を使用すると827円(概算)安くなる変わりに1時間多くかかるようなイメージとなっています。

ここまでの、見解はこちらです。

  • 大学生で時間に余裕がある方は下道も悪い選択ではなさそう
  • 社会人は、高速道路を使っても仕事で元を取り返しやすい
  • 高速道路を使い、空いた時間を休息に使うこともおすすめ
  • お金は稼げても貴重な時間は返ってこないので、高速を使うメリットはある

つまり、1時間のアルバイトでも元を取り返せる時間となっています。

仕事をさせれている社会人の方であれば、

1時間あればこの何倍ものお金を稼げることが可能になります。

極的に高速を使用することがおすすめです(^^)/

年収から見た時給と比較してみる

こちらでは年収から見た時給で高速道路を使うメリットがあるか解説していきます。

年収 時給(概算) 計算内容
200万円 1,042円 200万円/年 ÷ 12か月 ÷ 20日/月 ÷ 8時間/日
300万円 1,563円 300万円/年 ÷ 12か月 ÷ 20日/月 ÷ 8時間/日
500万円 2,604円 500万円/年 ÷ 12か月 ÷ 20日/月 ÷ 8時間/日
700万円 3,646円 700万円/年 ÷ 12か月 ÷ 20日/月 ÷ 8時間/日

 

つまり、高速道路を使い、1時間ほど時短ができる場合、

年収200万以上の方は働けばそれ以上の収入を得られるということになります。

結果としては、積極的に高速を使っていけそうです。

高速道路と下道のメリットとデメリット

高速道路のメリットとデメリットについて解説していきます。

高速道路メリット

  • 下道に比べ、時間を短縮しやすい
  • 下道に比べ、運転が疲れづらい
  • 下道に比べ、燃費が伸びやすい

高速道路デメリット

  • 下道に比べ、費用(高速代)がかかる
  • 下道に比べ、目的地まで大回りになる場合がある(距離が増える)
  • 下道に比べ、渋滞の回避がしづらい

下道メリット

  • 高速道路に比べ、寄り道がしやすい
  • 高速道路に比べ、景色や景観を楽しみやすい
  • 高速道路に比べ、道の選択肢が多い場合がある

下道デメリット

  • 高速道路に比べ、時間がかかりやすい
  • 高速道路に比べ、信号が多くイライラする
  • 高速道路に比べ、目的地まで大回りになる場合がある(距離が増える)

こんな場合は下道の選択もあり!

このような場合は割り切って、下道を使うこともおすすめします。

  • ドライブを楽しみたい
  • 下道の道を覚えてみたい
  • 下道の景色や景観を楽しみたい
  • 一時的に時間に余裕がある
  • 一時的に金銭の余裕がない
  • 高速道路が渋滞をしている
  • 高速道路より距離が明らかに短い
  • 高速道路の運転が怖い方

メリットとデメリットの比較結果

基本的には、『お金で時間を変える高速道路がおすすめ』ですが、場合によっては、下道を選んだ方が、得策な場合もあります。

下道を使って『ドライブを楽しみたい』という発想は私も共感ができます。

クルマは移動手段だけでなく、ドライブすること楽しむという点で下道の選択も悪くないように感じます。

まとめ

どうでしたでしょうか。

高速道路を使うか、下道を使うかの選択は、その都度の況に応じて変えてみてはどうでしょうか。

要点をまとめると、

  • 時間をお金で買う高速道路がおすすめ(お金は稼げても時間は返ってこない)
  • 高速代金はかかっても多くの方が時短した分以上の時給価値がある
  • ドライブを楽しみたいのであれば下道という選択しもあり

また、特に気をつけていただきたいのが、『事故』になります。

疲れていたり、時間に余裕がない時に、高速代をケチって下道を使うということは避けていただきたいと考えています。

50km以内程度の距離だとそこまで苦労しなくても下道でいけることもあります。

しかし上記でお伝えした内容を参考にし『高速道路と下道の判断』をしていただければ幸いです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/