ライフスタイル

赤ちゃんの性別が判別された時の心境『夫が妻に伝えたいこと』

妊娠をして、お腹の赤ちゃんの性別が判別された時、

希望した性別でなく思わず涙を流してしまったママさんへ。

また、妻を励ましてあげたいパパさんへ。

少しでも早く前向きになってもらいたく、夫の目線から伝えたいことを今回はまとめてみました(^^)

まずお伝えしたいのは、

『子どもは神様の授かりもの。性別は関係なく大切な命。一緒に大切に育ててあげよう』

きっと、どこのパパさんも同じことを考えてくれています。

そしてママさんには、早く気持ちを切り替えてもらいたいと考えてます!

 

2019年7月現在、私の妻が妊娠6カ月でついに我が家の第二子の性別が判別されました!

結果は、『男の子』でした(^^)

第一子と同じく男の子のため、2人続けて男の子になりました!

 

もちろん性別は選べない要素が強く、どちらの性別で生まれてきても喜ばしいこと!

しかし、分かってはいても妻はやはり女の子が欲しかったようで、涙を流していました(^^;

 

妻も頭ではもちろん分かっています!

涙を流すことはお腹の子どもに申し訳ないと。

 

それでも女の子も欲しかったという気持ちもよく分かります!

 

希望する性別と違い葛藤しているママさんやパパさんに向けて、記事をまとめています。

希望の性別でなかったとき

泣くのは1日だけにしよう

希望の性別でなかった時に、残念に思ってしまい涙してしまう気持ちは夫の立場でも分かります。

だから、性別が判別した日くらいは思いっきり泣いてもいいのではないでしょうか。

ただやっぱり、涙するのはお腹の赤ちゃんに申し訳ないなって感じます。

一日だけしっかり泣いて、現状を受け止め、生まれてくるかわいい子どものことを楽しみにしてみてはいかがでしょうか(^^)

神様の授かりもの

赤ちゃんを授かれただけでも、ものすごくありがたいこと。

大切な人との子ども。だから絶対にかわいいに決まってるー!!

だから神様にカンシャ、カンシャ(^^)/

きっと何かの縁がある。

それはこれからのお楽しみ!ってことですね。

元気に生まれてくれることが一番

今、望むことは性別ではなく、元気に生まれてきてくれること!

ママが落ち込んでるとお腹の赤ちゃんも悲しんじゃいます。

だから、かわいい子どもが生まれてくるまでは、身体を大事にしてほしいです(^^)

時間が解決してくれる

もし、気持ちを切り替えることがすぐにできなくても、きっと時間が解決してくれるでしょう。

男の子には、男の子の良さがある。女の子には女の子の良さがある。

時には気分転換でもして、他のことを考えてみたりして、性別のことは意識しない時間をつくってみてはどうでしょうか(^^)/

夫ができること

『夫にできること』とあるようにパパさんにぜひ読んでもらいたい記事になっています。

女性は特に娘が欲しいことを理解する

女性が娘を欲しい理由は、

  • かわいい服を着せたりしたい
  • 一緒に買い物に行きたい
  • 大きくなったら友達のような関係でいたい

うちの妻はずっと女の子が欲しいと言っていましたw

特に、妻と妻の母親は仲が良く、今でも毎週のように会っています。

きっと妻は、自分の母親との関係性が欲しいと強く望んでいたように感じます。

 

男性である夫は、まずはその気持ちを理解してあげることからスタートしてあげたいですね。

ママを一人にしない

娘ではなく、息子が生まれた場合は、女性はママ一人だけとなり、寂しい思いをすることもあるかもしれません。

例えば、

  • 外で遊ぶ時
  • 温泉に行った時

我が家では、第二子が生まれたら、子ども2人が男のため、男3人の女1人となります。

妻に寂しい思いをさせないように、子どもたちにも、ママを大切にするように育ててあげたいですね。

子どもが大きくなってもママを寂しい思いにさせない

特に男の子の場合、大きくなったら親に連絡をしなくなりがちです。

自分もそうでしたが、必要がある時にしか母親と連絡を取らなくなったりします。

我が家でも今後、息子が大きくなって母親のもとから離れていくときは妻は寂しい思いをするでしょう。

そんな時は、夫の私がしっかりとそばにいて、寂しい思いをさせないようにこころがけたいですね。

また息子がいずれ結婚したら、かわいいお嫁さんができ、念願の娘ができるでしょう^_^

妻を喜ばせるために夫ができること!【まずは〇〇から始めよう】せっかく結婚したなら夫婦円満でいたい! しかし、一緒に生活していると良いことも悪いことも起こります。せっかく一緒に過ごしているなら...

まとめ

お腹の赤ちゃんが希望していた性別でなかった時、おそらく頭では、『お腹の赤ちゃんに申し訳ない』と理解されていることでしょう。

そしてどちらの性別で生まれてきてもいいと思い妊娠されていると思います!

復唱になりますが、

 

希望の性別でなかったとき

  • 泣くのは1日だけにしよう
  • 神様の預かりもの
  • 元気に生まれてくれることが一番
  • 時間が解決してくれる

夫ができること

  • 女性は特に娘が欲しいことを理解する
  • ママを一人にしない
  • 子どもが大きくなってもママを寂しい思いにさせない

我が家の妻も、性別が判別された翌日からは前向きになって男の子の名前を考え始めました^_^

どちらにしても我が子はかわいい訳で、性別についてはわがままな悩みでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます(^-^)