ライフスタイル

マイホームの購入は後悔?購入前に知っておくべきこととおすすめ!

早いことでマイホームを購入して3年ほどが経つ30代前半サラリーマンです。少し前までは、マイホームを持てることに誇りを感じていました。小さい時からマイホームを持ちたいと感じていましたので夢が叶い嬉しくも感じています。

しかし、最近になってようやく知ったことがあります。それは下記にて説明をしていますがとても重要な事実です。記事を読んでいただいてる方に向けて後悔のない選択になればと思いまとめております。

購入前にしりたいこと

マイホーム購入は不債

マイホームを購入前に絶対に知っていて欲しい事実が『負債』ということです。有名な「金持ち父さん、貧乏父さん」の本でもマイホームは負債と謳われています。お金には大きく2つの種類があります。それが『資産』と『負債』です。『資産』とはお金を生むものをいいます。分かりやすいものでいうと株の配当金などが対象となります。逆に『負債』とはお金を奪うものになります。実際に家を購入すると毎年、固定資産税を払う必要があります。実際に私も毎年約15万ほど支払っています。また老朽化した場合の修繕費や震災、天災のリスクを伴い支出が増える要素が大きくなっています。実際に固定資産税の支払いが毎年あるのはそれなりに家計を圧迫するように感じます。

早くお金持ちになりたいと真剣に考える方だと、マイホームの購入は遠回りになるという現実を知っておく必要があると考えています。

家族との思い出

毎月の支払いが同等金額のアパートと比べると家の中が断然に広いです。リビングでは子どもが走りまわれるほどのスペースもあり、広々とした空間で家族で騒音も気にすることなく過ごせます。友人家族を家に招待しやすかったり、バルコニーでBBQをしたり生活の自由度は広がったように感じてます。

満足感

結局のところは大半がローンを組んでいるだけではありますが、マイホームがあるといった満足感はあります。毎月支払うお金が同等であるならば賃貸に支払うよりかは、マイホームにお金を使うほうが有効的なように感じます。

モチベーション

アパート暮らしも経験しましたが、断然今の生活の方が便利です。家族と当然ここで生活をしていきたいという思いがあります。現状を維持するためにも今以上に稼ぎを増やしていきたいと感じるなどモチベーションにつながっています。

デメリット

収入減はリスク

一番怖いのが収入が減りローンを支払えなくなることです。現状の生活では当然のことながら会社からの収入がなくなってしまえばローンが支払えなくなる現状です。リスクを回避するために他にも収入源をもつ必要性を感じています。

引っ越しがしづらい

会社から転勤や遠方に出向を命じられた際に、困ります。マイホームを売却すると購入時より金額は安くなってしまうため、容易な判断はできなくなります。

こうすれば良かったと思うこと

フローリングは標準で十分

マイホームを購入する際はどうしても見栄えをよくするために、金額アップしてオプションをつけることがあると思います。我が家のフローリングはウォールナットを使用したオプション品ですが、小さい子どもがいるので、フローリングは傷だらけです。せっかく金額アップしても傷だらけになるようなら標準オプションのフローリングで十分なように感じています。

書斎をつくる

書斎をつくるのはわがままだと思って我が家には書斎がありません。今はまだ子供部屋が1部屋空いていますが、将来的に私の部屋がなくなります。泣 どんなに小さくても書斎を設けることは大切に感じます。ブログ活動や副業など、集中できる部屋を持つことをおすすめしたいです。

トイレはネットで購入できる

ハウスメーカーや工務店でトイレを購入する場合は高くなることがあります。トイレは実際にネットでも売っていますので、特に型落ちしたようなトイレを自分で購入することで費用を安くできる場合がありますので、検討することをおすすめします。

外構工事は直接、専門業者に依頼する

ハウスメーカーや工務店に依頼すると外構屋さんとの間になるため、経費分がのっかってきます。場合によっては3割程度の経費がのっかるそうなので、検討することをおすすめします。

おすすめなこと

急いで購入を決めないことと費用は極力を抑えることです。万が一売ることや貸すことになっても対応できるような条件を意識して購入するのもおすすめです。

また、二世帯住宅を選択して費用を抑えることもおすすめです。費用だけでなく、生活の中でメリットになることもたくさんあります。

まとめ

重複となりますが、マイホーム購入は『負債』ということを忘れないでください。一生に一度の購入となる場合もある大金ですので『お金』についてもう一度勉強をすることをおすすします。「金持ち父さん、貧乏父さん」の本を一度読んで勉強してみてはいかがでしょうか。

 

場合によってはマイホームの購入を控えることも大切だと考えています。よく検討し、デメリットも理解した上で、判断されることをおすすめします。また、それでもマイホームが欲しいと思えるようであれば後悔のないマイホームが購入できるのではないかと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございます。