ワークスタイル

社会人必見!【自分時間の作り方】忙しい会社員にもできること!

この記事を読んでいる方は、やりたいことがあるのに思うようにできないとか、忙しくて時間がなくて困っているような方ではないでしょうか。

私自身も平日は仕事と、家に帰れば妻と2歳の息子がいるパパをしております。仕事や育児の時間は大切にしつつも自分の時間を作る方法を下記の通りまとめてみました。

時間を作るメリット

ムダな労力の低減

もし仮に自分の意としないことに時間を使われてしまったら、それは時間だけでなく労力を使うことになります。意としない時間を減らせば、ムダな労力はなくなります。労力にも限りがありますので効率的に時間を使うことをおすすめします。

ムダな費用の低減

時は金なりというように、ムダな時間がかかるだけで貴重な自分の時間を浪費してしまいます。また、付き合いなどによって、飲食代などにお金がかかってしまうことも発生します。そのような時間を減らすことで必然的にムダな費用も減らすことができます。

大切な人と一緒に過ごせる

一日のうちに自由時間ができれば、大切な人と一緒に過ごすこともできます。効率的に時間を使うことが大切になってきます。

目標の為に使える

多くの方が目標の為に時間が必要だと感じているかと思います。これからの人生を豊かにする為にも、夢や目標の為に使える時間を大切にすることをおすすめします。

優先順位を決めよう

日記を書く

自分の時間を作る上で、まず明確にしておきたいのが、目標です。また優先順位についても考える必要があります。目標ややりたいことがボヤっとして明確でない方は特に、日記に自分の思いを1日1分でもいいので書いてみることをおすすめします。

To Do リスト作成

To Doリストには近日中や、今日中になりたことを記載して優先順位を明確にすることをおすすめします。現在ではスマホのアプリにメモ機能がある為、スマホのアプリを活用することもおすすめします。

ムダなことはやめよう

目標以外に時間を使わない

何かを始めるとどうしても時間が足りなくなったりします。今、本当に使いたい時間は何かを考えることが必要になります。今、使わなくていいことについては、徹底して時間を使わないことが大切になってきます。

私自身も、ブログ活動をすることを決意した半面で、現状のままでは時間を算出できないと判断したため、長年続けてきたサッカーを一時的に休むことにしました。また、趣味などへの時間を減らすことを心がけています。

断る勇気を持とう

会社の飲み会や、今までの付き合いを断れず、時間を使ってしまう場合はないでしょうか。今自分の時間が欲しいのであれば断る勇気が必要になります。また、付き合いを断れない場合でも二次会を不参加にするなど、途中で抜け出して時間を最小限に抑える努力が必要となってきます。

私自身も、今までの付き合いを大切にしようと思ってしまうことで、気がのらない誘いでも断りきれない時があります。そして、このような時間が最も最悪だと感じています。その時間は楽しめないことが多く、時間だけでなく、労力やお金まで使ってしまい、いいことはないように感じます。

今すぐに全部の付き合いをシャットダウンすることが難しい場合は、徐々にでもそういった時間を減らす努力が必要だと感じています。

ネットサーフィンやテレビの時間を減らそう

ついつい目的もないのにネットサーフィンしたりテレビを観る習慣はないでしょうか。必要な時だけにすることで、多くの方はムダな時間を低減できると考えています。

私自身はついついスマホでネットサーフィンをしてしまうことが多かったため、ブログを書く際などはスマホを触らないように気をつけています。テレビについては、目的がない時以外はつけないようにしています。また、テレビが観る際は、英語の勉強を兼ねて海外ドラマを英語訳の英語字幕で観るなどして時間を有効活用できるよう心掛けています。

趣味や娯楽は大切な人と

自分の時間を夢や目標達成やの時間に使いたい方は多いかと思います。しかし、一方で趣味や娯楽の時間もリフレッシュの為に時間を使いたい場合もあるかと思います。そんな時におすすめしたいのが、家族や大切な人といる際に楽しむことです。

私は、クルマが好きです。クルマ好きが集まる会などに家族も一緒に連れていき家族サービスも兼ねることがあります。そうすることで、趣味と家族サービスを同時に行えるので一石二鳥だと考えています。

働き方の改善

残業時間を減らそう

忙しくて早く帰ることが難しい方もいるかと思いますが、考え方ひとつで残業時間は低減することは可能だと考えています。

残業をしている人が必ずしも頑張っている人ではないと思います。数年前に比べると残業規制が強くなり帰りやすい風土になってきているかと思います。それでもまだ理解できないような方は会社にいますが、周りの目は気にせず仕事が終わったらさっさと帰ることをおすすめします。

仕事の隙間時間も有効に使おう

会社員は1日の労働中に余裕がある時間は平均で約30分~約1時間ほどはあると思われます。隙間時間にもやれることはあります。日頃からちょっとしたことをその隙間で片付けることができれば、その後の自分時間もまとまってとれやすくなると思います。

有給を使おう

数年前に比べると有給を取りやすい風土が多くの会社でできてきていると思います。仮に有給が取りづらい会社でも使える権利は最大限使うべきだと考えています。

やるべきことさえ片づけて積極的に使用し自分の時間にたてることをおすすめしたいです。

副業をやる

今の時代は、終身雇用は崩壊したようなものです。昔みたいに会社に全てを捧げる時代は終わっています。いつクビになるかもわからない時代です。
いっそのこと考え方を見直して副業など、自分のビジネスを行い、残業に振り回される生活から抜け出すことをおすすめしたいです。
その結果として、心の余裕と時間の余裕ができると信じています。

通勤時間を有効活用

バスや電車で通勤されている方なら、読みたい本を読んだり有意義な時間にできます。またクルマで通勤される方も、英語のリスニングやYouTubeなどもリスニングし有効活用をすることをおすすめします。

生活習慣の見直し

早起きをしよう

朝早起きをすると心にゆとりができます。通勤の際も早く家を出ると渋滞をさけることができたりします。また、朝のゆとりがある時間だと邪魔がなく、勉強や仕事がはかどります。

朝は始業時間の1時間前には会社についています。クルマで休憩をしたり、英語の勉強をしたりと、ゆったりとした時間を過ごせるため大変おすすめです。

瞑想をしよう

ふとした時に何を優先すべきか分からなくなったり、焦りが生じたりする場合があると思います。そういった際は1日に1分でも瞑想する時間をおすすめします。

私のおすすめは朝のタイミングで行うことです。会社に着いたクルマの中での瞑想が私の習慣となり一日のうちにやるべきことがつかみやすくなりおすすめです。

お酒を控えよう

できることならお酒は控えることをおすすめします。お酒を飲むと下記の症状が発生する場合があります。

  • 眠くなる→自分の時間がなくなる
  • 二日酔い→生産効率低減
  • 太る→後にストレス。また痩せる為に時間を取られる。
  • 肌荒れ→後にストレス。肌が荒れが気になり集中力低下。

仮にお酒を飲む場合でも、付き合いがある時だけにすることや量を控えることをおすすめしたいです。

まとめ

どうでしたでしょうか。全ての項目を改善することは難しいですが、やれることから改善してみてはいかがでしょうか。復習をしますと下記の考えが大切になります。

  • 優先順位を決める
  • ムダなことはやめる
  • 働き方の改善
  • 生活習慣の見直し

思うようにいかないと焦る気持ちもあるかと思いますが、その日1日にできる最善をつくしていくことを大切になってきます。また睡眠や食事などの健康面も大切にし、有意義な時間を過ごすことをおすすめいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。