ワークスタイル

【会社員必見】終身雇用崩壊!トヨタ社長の発言の理由と今後の動向!

2019年5月13日にトヨタ自動車の豊田社長は「終身雇用を守っていくのは難しい」と発言されました。また経団連の中西会長も以前に「終身雇用は制度疲労」と発言しております。

これを聞いた30代前半で妻,子持ちの私は危機感を感じました。平凡はサラリーマンの私にとっては、家族を守っていかないといけないため、危機感もありますが、よくよく考えてみれるとこれは大きなチャンスでもあると感じています。

そして大きな動きがあるであろう今後について、会社員や新卒の方はどう捉えるべきかをまとめてみました。

終身雇用とは

終身雇用制度とは、新規卒業者を定年まで雇用する制度となります。また年功序列型の賃金体系や退職金制度が定着性を高めている制度となります。

つまり、高校や大学を卒業し、定年まで会社が雇い続けるといった制度となります。一見すると会社が従業員を定年まで守ってくれるような制度ですが、大企業ですらリストラがある時代の為、既に崩壊していたようにすら感じられます。

終身雇用が守りづらくなった理由

トヨタの豊田社長は「インセンティブがあまりない」と発言しています。要するに起業側が従業員に対して意欲向上など刺激となる動機づけがあまりないということを言っています。

また、終身雇用が守れなくなった理由を私なりに下記の通りにまとめてみました。

従業員の生産性が低い

従業員の意欲は、低い場合が多いように感じられます。何もしないでも歳を重ねれば給料が上がる年功序列制度の影響。また給料が安く若い社員が第一線で頑張って働いても、給料が高い年配者があまり仕事をしないような現状では、若い社員のモチベーションが上がるはずもない状況かと考えています。また定年まで安泰と考えている方も多い状況。そのような状況が生産性を低くし、会社の利益につながらないと考えています。

社員を雇う経済的な余裕がなくなっている(原価圧迫)

年功序列の制度があるように、歳を取り給料が高くなるだけ何もしないような方が多い状況では会社側も原価が圧迫し雇う余裕がなくなっているように感じられます。

IT化が進んでいる(労働時間の低減化)

今まで人がやっていたことがIT化が進み、労働力が今までみたいに必要ではなくなり、多くの社員を雇う必要性がなくなってきています。

100年に一度の変革時代(歴史より変化)

今まではモノを売る時代であったが、現在は豊かになりモノにあふれている時代になっています。そしてこれからはモノをシェアする時代になっています。トヨタ自動車をはじめ、今まで以上に事業内容が大きく変わろうとしています。そんな時代だからこそ、今までいた従業員より新しいイノベーションを起こせる人材が求められているのなど感じます。

残業規制が厳しくなり従業員が扱いにくい

国の残業時間の上限規制ができ、今までみたいに多大な残業を従業員に対応させるようなことができなくなってきています。規制が厳しくなった現在では、必要な時に従業員や派遣社員を雇えるような労働環境を望んでいるように感じます。

今後の動向について

終身雇用が崩壊した後の、動向についてお伝えしていきます。まず第一に考えられるのは実力社会主義となると考えられます。当然のことながら会社は定年まで雇ってくれる保証はなくなります。会社を解雇されたとしても転職ができる力が求められます。違う選択としては、起業やフリーランスといった選択が増えてくるように感じます。また会社員であっても、副業などで自らの力でお金を稼ぐ力をつけておく時代になると感じます。

変化点をまとめると下記のようなことが考えられます。

  • 実力社会主義
  • 人材の流動が高まる(転職の時代)
  • 起業やフリーランスが増える
  • 国も認めている副業がより活発になる

これから必要となること

どこでも活躍できるスキルを持つ人材になることが求められます。自分を磨くことや転職への勇気をもつことが必要だと感じられます。いったことも可能な時代になっています。大企業ですら終身雇用が守れなくなった現在、若い方や新卒の方はベンチャー起業でスキルアップをすることがおすすめなように感じられます。そこで身に着けたノウハウで副業や起業をすると

まとめ

この記事を読んでいただいている方ならこの時代の変化についていけるかと思いますが、サラリーマンは安泰だと思っている方がまだ多いように感じています。具体的には、この時代の変化においていかれないように良いスタートダッシュをするべきだと考えています。場合によっては転職や起業がしやすい社会となり、今よりも待遇のいい条件で働ける可能性があると考えております。

私自身は半年ほど前から会社だけの収入に頼ることに危機感を感じております。このブログを始め、自分のビジネス(副業)に力を入れ自らの力でお金を稼ぐ力をつけたく行動をしております。

この記事を読んでいるあなたもキャリアプランを今一度見直してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。