ワークスタイル

サラリーマンのメリットとデメリットとの向き合い方!

サラリーマンを辞めて独立したいとかと考えたことはないでしょうか。

ある程度安定したサラリーマンとしての収入を捨てて、独立するにはすごく勇気がいります。

私のようにマイホームを購入し、妻、子どもがいるとリスクがあることは安易にはできません。

手に職があったり何かしらのノウハウがあればまだしも私には、これといった特定の能力はないので尚更のことです。

しかし、今はネットにて収入を稼げたりする時代で自分次第では大金を稼ぐ夢を持てたりもします!

選択肢が多いことは良いことですが、どのような手段で稼ぐか悩ましいことでもあるかと思います。

そこでまず、私なりに感じたサラリーマンのメリット、デメリットをお伝えいたします。

サラリーマンのメリット

・安定した収入。(良くも悪くも年相応)

・ある程度休みがある(年120日はある)

・社会的信用がある(住宅ローンの低金利など)

・税金などお金の計算をしなくて済む(会社が行ってくれるから楽)

・社会的な保険が充実している(多少の安心感はある)

改めてサラリーマンとして10年ほど生活していると、上記のメリットは多いにあったように思うし、生活で苦労することはなかったので最低限の生活は確保されてきたように感じます。

サラリーマンのデメリット

・収入は大きく増えない(自由に使えるお金は限られる)

・労働時間で縛られる(自由な時間は限れてくる)

・人間関係にすごく気をつかう(正直、息苦しい)

・年功序列な社会(モチベーションダウン)

・休みづらい(休めない日が発生する)

私はどちらかと言うと昔ながらの考え方で、就職した会社で全うして働き、定年まで働くことが一番の安定と収入アップに繋がると信じてきました。

しかし、実際はそんな簡単はことではありません。多くない収入、人間関係の悩み、過重労働、会社の倒産など、これから不安を抱える要素はたくさんあります。

また、会社を辞めたいと思ってもできないというのはすごく情けないなって思います(今の自分)

最後に、サラリーマンとして思うことは、サラリーマンとしてのメリットを最大限に活用して安定した生活の中でデメリットを補うために日頃から自分自身の力を伸ばすことがものすごく大切ではないでしょうか。具体的には、自分で稼ぐ力をつけること

『あいつはどうせ会社をやめられない』と会社のメンバーから思われていたら足下をすくわれると思います。

いつでも会社を辞めらるというメンタルがあれば、今の仕事もよりスムーズになるかと思います。(理不尽な依頼や無駄な依頼は断れるメンタル)

そして何よりも、サラリーマン生活では我慢が当たり前のようになっている(特に人間関係で)今の自分自身がちょっぴりダサいなって感じます。

自分を変える為、生活を豊かにする為、皆さんも自分自身へ投資して今以上に稼げる力を手に入れてみてはどうでしょうか。

この記事を見て今後の働き方に少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。