ワークスタイル

サラリーマンが昇進できない理由と考えるべきこと!

なぜ俺が昇進できないんだ!

アイツより真面目にやってそれなりに会社に貢献している!

と評価に不満を抱いている方はいませんか?

恥ずかしながら、私もそんなことを考えていた一人です!

正確には、その悔しさがすべて拭えたわけではないですが、いろいろと悩みに悩みぬいてある答えに達しました!

 

結論からお伝えすると、『自分の力をつける』です!

腐っている暇はないです!

(具体例は後ほど)

 

そんなこと当たり前じゃないかと思うかもしれません。

または、そんな努力は会社では報われないと思うかもしれません。

 

ただ、冷静に考えてみてください。

これはすごいチャンスだと思わないですか。

 

こんな悔しい思いをしたら、会社との向き合い方や自分の能力や今後の将来について考え直さずにはいられないと思います。

 

ここで腐るだけではすごくもったいない!

少なくても私は絶対に嫌です!!!

 

まだここまででは腑に落ちない方がいると思いますが、

昇進できないパターンをいくつか考えてみました。

 

・上司、役員からの評価が低い (自己満足の仕事をしていた)

・正しい評価がされていない (アピール不足)

・年功序列(若く見られている)

・各部門や各上司の判断基準がバラバラ(運)

・結果が伴わない、仕事ができない、態度が悪い(論外)

 

だいたいがこのようなパターンではないでしょうか。

みなさんは何か思い当たることはないでしょうか。

 

ここで大切なことは、まず昇進できなかった現実を受け止め現状の自分を客観的にみつめ直すことではないでしょうか。

 

私なりの解決策を2つご紹介いたします!

・自己能力の向上(私の場合、英語が喋れるようになる)

→突出した専門性がなかった(器用貧乏になっていた)

私は今まで10年ほど営業をやってきて、それなりに会社にとって利益となる仕事をいただいてきました。

しかし、営業の立場で仕事を進めると一つの仕事について俯瞰して進めることはできても特定の専門的な能力をあまりつけることができていないことに気づきました。

私の会社の場合、英語が話せる営業マンは少ないため、英語が大きな武器となってくれると考えました。

 

・会社以外でお金を稼ぐ!(副業のすすめ)

→自分で稼ぐ力がつけば、自信がつき会社に依存する気持ちも減る!

今までいろいろと書いてきましたが、一番お伝えしたいのはここです!

サラリーマン生活をこのまま続けるとこんなことは今後もあり得ることです。

仮に役員まで昇進できたら幸せな人生かと言われれば、私はそうではありません。

上司や役員など上の方の顔色を伺ってばかりいるのは、すごくかっこ悪いし息苦しい。

私は無駄にプライドが高いところがあるので自分の仕事に対して頑張ったアピールもあまり好きではありません。(きっと損する性格だと思います。w)

 

それより、欲しいお金は自分で稼いでしまえばそんなしがらみから解放してくれる。

また、会社は結局のところ従業員を守りきることはできない。

最後は結局は、自分の力で稼いでいかなくてはいけない。

私のまわりでも心がやんでしまって会社を休んだり、やめた方をみてきました。

転職しても会社の組織にいる限りは大きく変わることはないと思います。

 

そしてブログの開設を行う原動力にもなりました。

 

上記2つの通り、自己能力の向上と副業のすすめとありますが実行する中で会社との向き合い方に変化がうまれました。

 

・サービス残業はしない。(自分のために時間つくり)

・仕事の空き時間は勉強にあてる。(やるべき仕事は早く片付ける)

・遠慮していた有給を積極的にとる(家族や副業の時間に)

・上司との付き合い方(程よい距離感を持つ)

 

会社からしたらやる気がなくなったかと思われるかもしれませんが、これをやるだけでも心がすっと楽になれました。

 

また皆さんの悔しさがこの記事を見て、少しでも楽になれれば大変うれしく思います!

 

会社だけに頼らなず、個人で戦える力を一緒に身につけていきましょう!

この記事があなたにとって少しでも励みになれば幸いです^_^

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。